吉原山谷の歴史:浅草北側の忘れられた街角

吉原 山谷 なぜ地図から消えた?
ドヤ街山谷はどのように形成され、なぜ消滅したのか?吉原で花魁と遊ぶには一晩いくらかかった?私娼窟、十二階下とは?吉原・山谷の歴史の決定版

吉原山谷の歴史
吉原山谷の歴史

こちらが東京の台東区にある吉原と山谷地区を描いた歴史的で感動的なシーンです。この画像は、活気ある吉原の赤線地区、伝統的な芸者や遊女、そして山谷での労働者の日常生活を捉えています。吉原の変遷、山谷における労働者の存在、そしてこれらの地区の全体的な歴史的雰囲気を反映する要素が含まれています。

この動画は、東京の台東区にある歴史的な地区、吉原と山谷の変遷に焦点を当てています。

かつては赤線地区として知られた吉原は、社会問題により移転されました。

吉原の歴史
吉原の歴史

こちらが、吉原の歴史的なシーンを描いた画像です。豪華な生活を送っていた芸者や遊女、特に高尾のような伝説的な存在を象徴する要素を含めています。

この地域は、芸者や遊女が豪華な生活を送っていたことで知られています。
また、高額な報酬を受け取った有名な遊女・高尾の伝説も紹介されています。

動画では、吉原の歴史と発展、そこでの娯楽(古典的な語り物や芸者のパフォーマンス)の人気、さらには火災、爆撃、売春防止法の施行など、時代を通じて直面した様々な挑戦や変化についても触れています。

伝統的な売春宿からソープランドへの移行、そして「トルコ風呂」という用語の使用にまつわる論争も取り上げられています。

吉原は今でも多くのソープランドが営業していると述べられています。

また、動画では、1966年に「吉原」から「崎崎」へと地名が変更されたこと、江戸初期に建設された山王運河が吉原への水路として機能していたこと、浅草紙の生産や「ひやかし」という言葉の由来など、地域の歴史的背景についても詳しく説明しています。

さらに、売春防止法施行後の吉原の閉鎖、山王運河の埋め立てと開発、現在の山王運河公園の存在なども紹介されています。

山谷地区の歴史についても触れられており、江戸時代から日雇い労働者の集まる場所として発展したこと、安価な宿泊施設の出現、小塚原刑場の存在、南千住駅近くで清掃作業に従事する人々の生活などが語られています。

第二次世界大戦後、宿泊施設の不足を補うために山谷地区の宿屋が活躍し、この地域に対するネガティブなイメージや警察と住民との間の事件も取り上げられています。

1940年代初頭には、三谷労働センターが賑わいを見せていましたが、賭博施設や組織犯罪の関与により危険な場所となっていました。

1947年には労働センターが襲撃され、放火される事件が発生しました。

1981年には、三谷総義団という労働組合が腐敗した建設会社と対立し、ヤクザとの暴力的な衝突を引き起こす金町戦争が発生しました。

しかし、地元の祭りや無戸籍児童への支援活動など、日常の風景も写真で捉えられています。

浅草神社交差点近くにあった世界本舗酒店は、日雇い労働者に人気のある場所で、大量のアルコールを販売していました。

1992年にセブンイレブンに変わりましたが、交差点には今でも世界本舗酒店と立ち飲み屋の名前が残っています。

昭和32年には、日雇い労働者向けに低価格のレンタル本や3泊図書館が開設され、約2000冊の雑誌や本を集めた約5軒の店が石炭倉庫を改装して開業しました。

当時の新聞によると、毎日200人以上が利用し、非常に人気がありました。写真は昭和28年の三社祭で、写っている子供たちは現在70代から80代です。

彼らは日本経済の発展に大きく貢献し、私たちの現在の生活があるのは彼らのおかげです。

吉野通り(旧日光通り)は、現在の風景とともに紹介されており、左側の4階建ての建物は日本セッコウ銀行です。

昭和41年の住居表示改正により「三谷」という名前が消え、「清川」「東浅草」「日本セッコウ」と呼ばれるようになりました。

動画では、三谷にある経済ホテル「ホテル八潮」が紹介されており、主に都電22系統が三谷通りを走る様子が映されています。

三谷の吉野橋を通る都電の様子
三谷の吉野橋を通る都電の様子

こちらが、東京都の三谷地区を通る都電22系統の懐かしいシーンを描いた画像です。吉野橋を渡る都電、賑やかな三谷の街並み、そして伝統的な店舗や飲食店が描かれています。

この地域の活気ある雰囲気を捉えており、特に日本セッコウの向かいにあった歴史的な朝木食堂「マンモス港」に焦点を当てています。

都電22系統は南軒端車庫から出発し、日本橋を通って新橋に至ります。

ホテルのブログによると、日本セッコウの向かいにあった朝木食堂は、マンモス港とも呼ばれていました。

これは三谷の吉野橋を通る都電の様子です。

開店当時、朝木食堂は味噌汁とお新香付きの丼を30円で提供し、朝5時前に開店すると100人以上の行列ができました。

近隣の飲食店もこの状況に苦情を言っていました。

丼は他の店の2倍の量があり、半額で提供されていました。

東京オリンピックまでの朝夕に合計7000食、1日3500食が提供されていたと言われています。

昭和38年には、222軒の簡易宿泊所に約15,000人が滞在していましたが、平成30年には3泊宿泊所に住む日雇い労働者の数は約4200人に減少し、高齢化が進んでいます。

近年では、従来の労働者の代わりに外国人旅行者やバックパッカーが近隣のバジェットホテルを利用するケースが増えています。

マンガ「三泊」は昭和43年から昭和48年にかけて連載され、平成23年に実写映画化された後、矢吹城の銅像が建てられました。

このマンガには、丹下丹下が矢吹城に向かって「涙橋を逆に渡り、逆境に負けずに栄光をつかむ」と語るシーンがあります。

これは、人生で負けた人々が涙橋を渡ってこの街に流れ込むことを象徴しています。

少し話が逸れますが、浅草に戻ると、吉原の愛称は「四聖」と呼ばれ、浅草は「十二階下」と呼ばれていました。

現在のWINS浅草は、以前紹介した浅草の最初のビデオの近くにあり、明治23年の春から大正12年の関東大震災による倒壊まで東京のシンボルタワーでした。

高さ52メートル、12階建てでした。

十二階下はタワーの下部を指します。

東京の街並みを一望できる龍雲閣は、浅草の賑やかな観光スポットでした。

動画は、東京の奥浅草地区の歴史についても語っています。

アニメ「鬼滅の刃」の人気が龍雲閣の名声を凌駕していること、明治時代に売春活動で知られた四聖地区、当時の浅草の売春業の規模、女優の日野南や作家の吉国順助などの有名人の存在などが紹介されています。

また、地区の発展と特定のランドマークの消失についても触れられています。

著者は、ユニークな体験のために奥浅草を訪れることを提案しており、この地域から東京スカイツリーの眺めについても言及しています。

SP Thanks Ken.I (IJKOB mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights