「首都高都心環状線の歴史的変遷:かつての水都の風景を探る」 – YouTube まとめ記事

「首都高都心環状線の歴史的変遷:かつての水都の風景を探る」 – YouTube まとめ記事

手前に中央環状線、奥に江戸時代の水辺の風景を描いたもの
手前に中央環状線、奥に江戸時代の水辺の風景を描いたもの
この画像は、記事の視覚的な魅力を高め、画像の重要性を考慮しています。東京の過去と現在の対比を視覚的に表現しました。

👋 こんにちはケンです
🚗 東京都心を車で移動する人で🛣️ 首都高を使う人は多いと思います
🌉 首都高といえば主に河川や一般道の上空を
🏞️ うまく利用して効果が設置されたものが
🌊 しかし唯一降下ではなく
🚤 潜水艇のごとく川底を抜けていく空間が
🏙️ ありますそうそれが都心環状線に位置する
🏞️ 汐留ジャンクションから江戸橋
📽️ ジャンクションの区間です今回の動画では
🌊 この
🏞️ 汐留ジャンクションから江戸橋
📽️ ジャンクションまでがかつては川だった頃
🌊 の風景とその川が失われていった様子を見
👀 ていきたいと思います
📺 最後まで是非ご覧ください
📅 1950年代半ばから始まる高度経済成長
🌆 東京都心は慢性的な交通渋滞に苦しめられ
🏗️ 都市改造の必要に迫られていました
🏟️ 1964年の東京オリンピック開催も決定
🏞️ していますそこで1959年
🏞️ 築地川から
🏞️ 楓川までが
🛣️ 首都高速道路になることが正式に決まり
🏗️ ました当時は高架式高速道路よりも
🏞️ 掘割式高速道路つまり
🌊 川底を道路にすることが
🏗️ 推進されていたようです
🕒 理由は効果を作らないために時間を損なわ
🚧 ず工事費がかからないためです
🌊 しかし市街地で河川を干拓するのは
🏞️ 難しかった実際に掘割式高速道路が作られ
🛣️ たのは
🏞️ 築地川楓川間のみでした海が近く
🌧️ 排水がしやすいという利点があったの
🏗️ でしょうそして
🛣️ 首都高を建設することが決定してから4年
📆 後の1963年には浜崎橋から
🏞️ 呉服橋まで開通していますのでものすごい
🚧 スピードで工事が進んだのがわかります
👀 今回の動画で注目するのはかつての築地川
🏞️ と楓川だった部分ですこちらの比較映像を
📽️ 見てください
🌊 築地川と楓川の位置関係ですよく見ると
🏞️ 楓川と築地川はつながっていませんでした
🔴 赤丸のところです
🏞️ 楓川と築地川は
📅 昭和5年
🏗️ 震災復興からの帝都改造事業として連絡
🏞️ 運河が掘削されたのですそして日本橋と
🌊 ハマ離宮は一直線の水路で結ばれたのでし
🏞️ た当時はまだ運がとしての利用価値が高く
📆 昭和10年に魚河岸が日本橋から築地に
🏗️ 移転した後も
🏞️ 築地と日本橋を結ぶ運河として大いに活用
📰 されたと言います
📷 こちらは戦後昭和23年の空撮映像です
🌊 楓川
🏞️ 築地川連絡運河が見えますミツバタの橋
🌉 三芳橋は運が開通の前年
📆 昭和4年に活用されましたここからは首都
🏞️ 高都心環状線C1の映像を見ながら
🏞️ 築地川と楓川の川底を一緒に走ってみ
🚗 ましょう
🏞️ 築地川から楓川にかけて
📅 昭和37年に首都高に姿を書いています車
🛣️ は都心環状線内回り浜崎橋ジャンクション
🏞️ から江戸橋方面に進みますこの辺り右手は
🏙️ 竹芝埠頭左手は浜松町の駅になります
🚆 ちょうどゆりかもめが左から姿を現しまし
🏙️ たこのカーブから右手にはハマりきゅうが
👀🚶 歩くシーンに登場します
🚋 都電9系統が走っています
❓ かつてはこの通りの右手先には新富座という歌舞伎や芝居の劇場がありました
🌊 新富沢関東大震災で消失後松竹に吸収され、現在は国税局京橋税務署になっています
🌉 三好橋から先の京橋ジャンクションにかつては川はありませんでした
🏞️ 昭和5年の震災復興事業で築地川は楓川連絡運河が掘削され、新富橋が新しく活用されました
📽️ 新富町は成瀬幹雄監督の1960年の映画「秋」で描かれています
🌆 ヨドバシジャンクションにいたのまで首都高の高架下に重要な橋が3つあります
🌇 千代田橋、開運橋、カブトムシ橋が水都東京の歴史に関連しています
🏢 ヨドバシ倉庫は昭和初期にモダンな建物として建設され、物流が水運から陸上へと変化しました
– ✨ 動画で伝えたいこと
– 👍 良かったら高評価
– 📺 チャンネル登録をお願いします

シュレディンガー
シュレディンガー
🙏 最後までご覧いただきありがとうございました チャンネル登録もわすれないでねぇ~♫

この区間はかつて川だった場所で、現在は首都高速道路が川底を通るように建設されています。

1950年代半ばの高度経済成長期、東京都心は交通渋滞に悩まされ都市改造が必要とされました。

1959年には、築地川から楓川までの区間が首都高速道路として建設されることが決定しました。

この時、掘割式高速道路、つまり川底を道路にする計画が推進されました。

これは、工事費用を抑えるためでした。

築地川と楓川の間には、昭和5年に震災復興の一環として連絡運河が掘削されました。

この運河は、日本橋と築地を結ぶ重要な水路として活用されました。

動画では、築地川と楓川が首都高に変わる過程を映像で示しています。

特に、昭和37年に完成した首都高都心環状線の築地川から楓川にかけての区間が紹介されています。

この区間は、浜崎橋ジャンクションから江戸橋方面に進むルートで、周辺の歴史的な地点や橋にも触れています。

動画の目的は、首都高の建設とその背景にある東京の歴史と都市開発を理解することです。

視聴者には、動画の高評価とチャンネル登録を促しています。

この動画は、東京の交通インフラの進化と、それに伴う都市の変化を示しており、歴史と現代の融合を視覚的に捉えることができます

画像は、異なる視点と芸術的解釈を用いて、同様の描写を提供しています
画像は、異なる視点と芸術的解釈を用いて、同様の描写を提供しています

まとめ記事の内容

東京の首都高都心環状線は、現代の日本の象徴的な建造物の一つですが、この動画「【水都の消滅】首都高都心環状線、かつては川だった美しい風景とは?」は、その下に隠された歴史を探求しています。

このYouTube まとめ記事では、動画の内容を深く掘り下げ、首都高以前の東京の風景についての私の考察を共有します。

動画は、かつて浜崎橋から江戸橋にかけて流れていた2つの川の歴史を探ります。

これらの川は、東京の発展と共に徐々に埋め立てられ、現在の首都高都心環状線の下に姿を消しました。

動画では、古い地図や写真を通じて、かつての水都としての東京の美しい風景を再現しています。

この動画が30万回も視聴された理由は、現代の東京に住む人々が、その過去の姿に興味を持っているからでしょう。

都市の発展は常に進行中であり、その過程で失われた自然の美しさを振り返ることは、多くの人にとって感慨深いものです。

ユメミル
ユメミル
いつも石田さん!いつもありがとうございます。

IJKOB mm from CHICAGO.IL mm 

川の歴史
川の歴史

考察と歴史からみた背景

かつて東京の浜崎橋から江戸橋にかけて流れていた2つの川の歴史は、東京の変遷をたどる魅力的な旅です。元来、これらの川は江戸(旧東京)の重要な部分であり、江戸の日常生活、商業、文化に重要な役割を果たしていました。

浜崎橋から江戸橋へ:元来の川

2つの川の歴史
2つの川の歴史

地理的な重要性:これらの川は、江戸を横断する大きな水路網の一部であったと思います。これらの川は交通の要であり、物資や人の移動を可能にしていた感じが伝わってきます。浜崎橋と江戸橋の周辺は、船と活気で賑わっていたようですね。

文化と経済への影響:堤防沿いには様々な産業が栄えました。漁業、貿易、歓楽街などが主に代表的なものです。また、川は多くの芸術家や詩人にインスピレーションを与え、江戸の豊かな文化のタペストリーに貢献しました。

共同生活:河岸は、社交の場、祭りの場、市場の場であったようです。河岸は江戸の住民の共同生活に欠かせないものだったにちがいありません。

変貌と埋め立て

2つの川の歴史
2つの川の歴史

都市の発展:明治維新と東京の急速な近代化により、これらの河川の役割は変化し始めた歴史があります。都市の拡大と道路交通の重要性の高まりにより、これらの水路は徐々に埋め立てられていったと。

高速道路の建設は、第二次世界大戦後、東京の復興と近代的なインフラの必要性から、高速道路が建設された背景がうかがえます。特に首都高速中央環状線は、高速道路に対応するために河川を覆ったり、河川の方向を変えたりして、景観を大きく変えて行きました。

環境と文化の喪失:この変貌は、自然の河川景観を失い、地域の生態系に大きな変化をもたらしました。また、河川沿いで繁栄してきたコミュニティや生活様式が取り返しのつかないほど変化したため、文化的な変化ももたらされた感じが伝わってきます。

歴史的な東京の再現
このような歴史を保存し顕彰するために、古地図や古写真を活用して、かつての水の都であった東京の美しい風景を再現するビデオなどの様々なプロジェクトが行われています。

歴史的データの活用:古地図や古写真を参照することで、過去の河川景観をより正確に表現しているようです。

コントラストの強調:このようなプロジェクトでは、歴史的な水路と近代的な街並みを並べることで、東京が劇的な変貌を遂げたことを強調することが多いと思います。

文化の保存:東京の豊かな文化的・歴史的遺産を思い起こさせ、進歩のために失われてしまったものへの感謝の気持ちを育むことが伝わってきます。

これらの手段を通じて、浜崎橋から江戸橋までの川の物語は語り継がれ、水路によって形成された都市としての東京のダイナミックな歴史を、現在そして未来の世代に思い起こさせる。と言ったものでしょうか、、、、

深謝 Dir K.I

2つの川の歴史
2つの川の歴史

いやぁ~やっぱ 石田さんはスゴイを通り越して、素晴らしいです。
よくもまぁここまで、詳細に調べる調べる、、、昔から主だった性格やスタイルを自分なりに観察していますが、、、、やっぱり、日本一になるはずです。

そんな、動画の見方でも、本当に楽しめる動画の一つです

シュレディンガー
シュレディンガー
きゃぁ~ケンさん!パチパチパチパチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights