福岡の歴史と文化を探訪 – 中洲・天神・博多の懐かしい風景とその背後にある物語

福岡の歴史と文化を探訪 – 中洲・天神・博多の懐かしい風景とその背後にある物語

福岡市の歴史的な風景、博多駅、中洲の夜景、天神地区の賑やかな通り、伝統的な明太子の製造過程、昔の岩田屋の屋上での遊び、サザエさんのお見合いのイメージ、懐かしい福岡の風景を表現したアートワーク

ご要望の多かった、福岡市の歴史的・文化的エッセンスを表現した画像です。どうぞご覧ください。
ご要望の多かった、福岡市の歴史的・文化的エッセンスを表現した画像です。どうぞご覧ください。

– 🏞️ 福岡市の特徴:
– 今日はKENです
– 今日は九州の玄関福岡県福岡市の昔を振り返ってみたいと思います
– 人工162万人
– 東京23区を除くと日本で5番目に大きな都市です

– 🍜 福岡のグルメ文化:
– 福岡といえばやはりグルメ長浜ラーメン、もつ鍋水炊き、ゴマサバ活イカなどなど
– そんな豊かなグルメ文化を生み出した街とは一体

– 🎤 文化人アーティスト:
– さらにタモリ、武田鉄矢、甲斐よしひろ、浜崎あゆみ、作家では赤川次郎、夢野久作などなど
– そんな個性あふれる文化人アーティストを多数生み出している福岡の街とは一体

– 🏰 福岡市の歴史:
– 福岡市の名前の由来は関ヶ原の戦いで勝利した東軍徳川家康についていた黒田氏が現在の福岡に入国し、黒田官兵衛の巨所福岡城の跡があることからきている
– 市の名前を決める際に福岡と博多の名前の取捨選択が大論争になり、住民投票で福岡が勝利して現在の福岡市と命名された経緯がある

– 🚆 博多駅の歴史:
– 博多駅は九州初の列車発祥の地であり、初めての列車が博多駅から発車した
– 開業当初は雨にもかかわらず大騒ぎがあり、開業日には多くの人々が集まった
– 旧博多駅は老朽化し、増加した電車の本数に耐えられなくなり、駅前広場も混雑していたため、新しい駅舎が建設された
– 2代目の駅舎は3階建てのレンガ造りで、混雑したラッシュ時には踏切が開かずの状態になることもあった

– 🏛️ 博多駅周辺の名所旧跡:
– 博多駅周辺には櫛田神社、承天寺、博多どんたくの会場などがあり、博多祇園山笠や博多どんたくなどの文化的な催し物が行われている
– 承天寺の開祖園によって日本の粉もの文化が前進し、坂まんじゅうや音まんじゅうが作られた
– 博多どんたく隊のパフォーマンスが見どころである

このテキストに基づいて、福岡市の特徴、グルメ文化、文化人アーティスト、歴史、博多駅の歴史、博多駅周辺の名所旧跡についての要点をまとめました。

福岡市の歴史的・文化的エッセンスを表現した画像です。
福岡市の歴史的・文化的エッセンスを表現した画像です。

🏞️ くと静かな森に囲まれた住吉神社
🌊 住吉神社は海の玄関口博多の神社で、船舶航行の守護神住吉三神を祀る
🙏 ご利益は航海の安全だけでなく、芸能や縁結びなどもある
🏛️ 住吉神社の本殿は江戸時代前期に作られ、国の重要文化財
🏯 福岡城は初代藩主黒田長政によって作られ、現在も名所
🌆 福岡城からは広大な景色が広がり、展望台から美しい写真が撮影可能
🌳 大濠公園は福岡城の外堀跡を利用した広大な公園で、日本庭園やジョギングコースがある
🖼️ 福岡市美術館には約16,000点の美術品が所蔵されている
🏢 中洲は博多の歓楽街で、多くの飲食店が営業している
🎭 中洲は歌舞伎役者や芸能人が招かれ、賑わいました
🍵 喫茶店ブラジレイロは文学サロンとして有名で、作家たちが集まった
💃 芸者たちが中洲を盛り上げ、芸妓衆が500人以上もいた
🔥 昭和20年の福岡大空襲で中洲が被災したが、映画館や劇場は復活した
🏝️ 終戦を宮古島から引き揚げた後に中洲市場で明太子の専門店ふく屋を開業します
🌶️ スケソウダラの卵巣を唐辛子やニンニクにつける青峰は戦前から朝鮮半島ではよく食べられていました
🇯🇵 これを福音した河原が日本で再現したといいます
⚾ 西武ライオンズの前身でもある西鉄ライオンズ戦後にし日本鉄道がプロ野球参入を目指していた時野球連盟からは却下され続けました
🎁 そこで西鉄の交渉役がふくやの明太子を手土産として吉田茂の側近実業家の白洲次郎と交渉します
🍞 シラスは明太子トーストに塗って食べて一発で気に入ります
🤝 これにより交渉がうまくいったということです
🦁 吉瀬茂もふくやの明太子の大ファンになったと伝えられています
🌐 この明太子は日本中に業者が170社も存在し年商1000億円を超える産業規模にまで現在成長しています
📖 これには服や創業者の河原が明太子の作り方のレシピを惜しげもなく他の食品製造業者に公開したことがその背景にあります
❄️ 地元の氷業者がうちに明太子を下ろしてくれと当初彼を腹に頼むのですが河原は直接氷でお客に売ることを重要と考えます
🛒 つまり流通過程での扱いで何が起きるかわからないからですね
📢 そんなに売りたいならじゃあ自分たちで作りなさいとレシピを全て公開したわけです
💡 川原の頭には明太子は漬物の一種であり漬物のレシピを独占して金儲けをしようとは思わないそんな考え方があったようです
🏙️ 福岡市の他のエリアも見ていきましょう中央区天神です福岡市最大の繁華街オフィス街の一つです
🎌 10人という地名は水鏡天満宮から由来していると言われています
🙏 天神にある水上天満宮には学問の神様である菅原道眞が祀られています
🏰 平安時代の貴族である座れミスだねは死後神格化されてん神様として多くの人々に信仰されてきました
🏯 江戸時代初期の1612年に黒田長政によって福岡城の鬼門にあたる現在の天神1丁目2東珍種として移されました
🏙️ こちらは昭和初期の絵葉書です
📮 福岡郵便局は現在の不幸が中央郵便局福岡日日新聞は西日本新聞社です
🚋 位置関係から見ると得る面電車が走る通りは渡辺通りとなります
🚆 現在の西鉄天神駅は大正13年に福岡駅として開業します
🏙️ 昭和17年に西鉄福岡駅と改称され昭和36年には高架化されます
🏢 こちらの写真右手に時計塔のある立派なビルがありますこれは旧九州伝統鉄道本社ベル後の九州電力です
⏰ 時計塔は昭和20年の福岡大空襲で焼け落ちます現在こんちには天神ビルがそびえます
🏟️ 10人は明治40年代に福博電気軌道と博多電気軌道が交差する場所にそれぞれ停留所を設置したことで発展が始まります
🏢 このビルは福博電気軌道の本社ビル
🧑‍💼 そしてこれを推し進めたのが福博電気軌道を設立に携わった松永安左エ門です
📚 長崎県壱岐の島出身福沢諭吉の学問のすゝめに感化され慶應義塾に入学します
💼 そこで福沢のおいで日露戦争後の株式投資で台をなした福沢桃介と知遇を得ました
🏙️ イオンモール福岡店九州各地で営業されています
– [音楽]
– 福岡市の動画、博多駅から中洲、天神、母畑の歴史を紹介
– サザエさんとマスオさんのお見合いは地元の百花て岩田屋のレストランで行われた
– 松永安左エ門と渡辺を八郎の尽力で福岡市の成り立ちを追求
– 現在の福岡市では都市再開発プロジェクトが進行中
– 今後の変化に注目

福岡市の歴史的・文化的な情景を中心
福岡市の歴史的・文化的な情景を中心

まとめ記事の内容

福岡市の魅力と歴史を深掘りするこのYouTube動画「【中洲・天神・中洲の懐かしい風景】博多?福岡?どっち?論争 死人が出そうな博多駅 昔遊んだ岩田屋の屋上、サザエさんのお見合い秘話とは?ふくやの明太子明太子が全国区になった理由とは?」は、福岡市の豊かな歴史と文化を紹介しています。

福岡市の中心部、特に中洲、天神、博多地区の歴史的な風景を探訪し、その地域の変遷と文化的重要性を探求しています。

博多駅の歴史、特にその名前が住民投票で決定された経緯や、昔の岩田屋の屋上での遊び、サザエさんのお見合いの秘話など、地元の人々にとって懐かしいエピソードが数多く紹介されています。

さらに、ふくやの明太子がどのようにして全国的な名声を得たのかについても触れられています。

福岡市の歴史的な背景と現代の姿を結びつけることで、視聴者に深い印象を与えます。

例えば、博多駅の歴史を振り返ることで、現代の博多駅の重要性とその発展がより明確になります。

また、地元の食文化、特に明太子の歴史に触れることで、福岡のグルメ文化の豊かさが強調されています。

視聴回数の所感

この動画が13万回以上の視聴回数を記録していることは、福岡市の歴史と文化に対する人々の関心の高さを示しています。

地元の人々にとっては懐かしさを感じる内容であり、他地域の人々にとっては新たな発見となる情報が豊富に含まれているため、幅広い視聴者層に魅力的な内容となっています。

シュレディンガー
シュレディンガー
いつもありがとうございます。
福岡市の歴史的・文化的な情景を中心
福岡市の歴史的・文化的な情景を中心

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights