上野の変遷:昭和時代の記憶を辿る上野シリーズ第3弾の深掘り

消えた上野 上野探訪をまとめてみました

– 🎥 メモリーズの第3部では、上野公園不忍池の歴史と博物館美術館について語られます。

– 🧓 戦後の傷痍軍人と彼らの募金活動に焦点が当てられます。

– 👞 過去の上野では、靴磨きの仕事が盛んで、昭和時代には多くの靴磨きが見られました。

– 🏇 上野にはかつて競馬場があり、上野不忍池周回コースで行われました。

– 🛒 上野駅周辺には上野松竹デパートなどの商業施設が存在し、映画館や成人向けの映画が上映されていました。

– 🍲 西郷会館は土産物屋やレストランがあり、西郷どん丼が名物でしたが、新幹線の登場で客足が遠のきました。

– 🏙️ 形成中らくビルの話では、京成電鉄が上野公園駅に建設したビルに焦点が当てられます。🏢 1936年に完成したビル

🏗 5階建てから戦後に7階建てへ増築

🚉 開業時の駅は東駅正面口の対面に建設

🚇 地下道で駅ビルとホームが結ばれていた

📷 完成当時の写真

🚉 京成電鉄上野駅とネームサインがある

🎪 形成寿楽部のネオン看板が見える絵葉書

🍽 米久と書いた文字が見える

📺 森下仁丹の広告看板がある

🌳 上野公園から見た松阪4方面

🏢 形成聚楽もビルが見える

🏨 上野京成ホテルとしても利用

🏙 警官から軍艦ビルと呼ばれる

🏗 ヨドバシカメラのビルに解体される

🚃 跡地にヨドバシカメラマルチメディア上野店

📷 最後の形成時楽ぶりの写真

🏛 ビルの外壁が剥落して緑色のネットがかかる

🍽 低層階の店舗やレストランが利用

🔥 戦前の形成中楽のマッチのパッケージ

🏬 加藤成二郎の聚楽グループの歴史

🚋 東京都電の歴史

🚌 東京市営バスの登場

🐎 馬車鉄道からの発展

– 🚂 車掌に言えば、汽車できたのです。

上野探訪
上野探訪

– 🛑 守る場合も道路から手を上げれば、そこで停車してもれたそうです。この馬車鉄道ですが、糞尿問題があり、糞尿撒き散らすあるいは粉塵を立てるということで明治35年には廃止となり、電気鉄道に切り替えられました。

– 🚃 続いて上野駅前を通る取得オフ会の線について話します。14では江戸橋ジャンクションで環状線、向島線、湾岸線方面と別れ、曲線で4キロほどでイリア出口。そこで突然終わります。

– 🌉 俯瞰すると、このように盲腸のように突然飛び出て他の線に接続することなく終わっています。本来の計画では入谷からさらに延伸してみの手前で左にカーブして、三河地盤の浄水場の脇を通過し、隅田川、荒川を通り、中央環状線の扇大橋と千住新橋の中間あたりで中央環状線に接続する延伸計画もあったようです。

– 🏢 ただ、これは昭和30年代に検討されたもので、今や実現可能性は費用対効果から考えてかなり低いと言われています。昭和37年12月に江戸橋ジャンクションから工事を着工し、1年後昭和38年12月に本町出入り口が完成しました。そして昭和44年に入り、あで家が完成しました。

– 📷 こちらは昭和43年の上野駅前の写真です。都電が走っています。その奥には俺台東区役所が見えます。上野には廃墟と化した建築物が多数あります。その代表的な建築物の一つが旧したや小学校です。

– 🏫 旧したい小学校は明治8年からの歴史を持ち、関東大震災で焼失します。現在ある校舎は昭和3年に建築され、平成2年に閉校式が行われ、110余年の歴史を閉じます。現在は起用しましょう学校と統合して上野小学校になっています。

– 🏚️ そこでこの旧したい小学校遊馬も放置されていたということですね。また、現在この下に小学校を取り壊してどのように活用するかはまだ正式には決まっておりません。

– 🏨 池ノ端にある屋敷。まず最初は水月ホテル鴎外荘ですね。こちらは森鴎外がかつて住んでいた場所ということになります。この水月ホテル鴎外荘は1943年に創業し、敷地内に明治の文豪森鴎外の旧居を要し、都内第1号の10年運線や江戸東京野菜の発信地として人気を集めていました。明治23年に台東区根岸から引っ越してきた後、両相はここで処女作舞姫を執筆したとのことです。

– 🏰 その後、岩崎弥太郎の邸宅ですね。旧岩崎邸庭園として今でも公開されています。台東区池之端1丁目に位置しており、旧岩崎邸庭園として公開されているのは旧邸宅敷地の一部に過ぎず、かつては文京区湯島の方まで広がっていたといいます。越後高田藩榊原家の中谷式及び薩摩藩西郷隆盛の右腕桐野利秋の敷地を払いされたものだといいます。

– 🎨 現在の敷地は当初の3分の1ちょうどになっています。本宅であった旧岩崎邸は明治11年、上野池之端の大名屋敷8000つぼう初代や撮ろうが買い取ったものでした。弥太郎は周囲の土地を買い足して、一番5000坪の敷地阻止明治15年に大規模な和風住宅を建てたといいます。明治18年にやドローはなくなりました。投手となった久屋は迎賓館にできる本格的な洋館のある自宅に立て直しました。

– 🏞️ 不忍通りから中国料理唐天

中国料理 唐天(イメージです)
中国料理 唐天(イメージです)

上野の不忍通りにある「中国料理 唐天」は、東京の台東区に位置する人気の中華料理店です。このレストランは、上野公園の近くにあり、地元の住民や観光客から親しまれています。伝統的な中国料理を提供するこの店は、その美味しい料理と心地よい雰囲気で知られています。

「唐天」では、本格的な中華料理を幅広く楽しむことができ、メニューには様々な種類の点心、麺類、炒め物などが揃っています。特に、点心や北京ダックなどの料理は評判が高く、訪れる人々に愛されています。

店内は落ち着いた雰囲気で、家族連れや友人同士、ビジネスの会食にも適しています。上野を訪れた際には、本格的な中国料理を楽しむために「唐天」を訪れることをお勧めします。

中国料理唐天(イメージです)
中国料理唐天(イメージです)

私なりに動画の内容をまとめますと以下の通りです:

 

  1. 上野公園の不忍池: 上野公園内の不忍池は、日本を代表する美術館や博物館がある場所です。このシリーズはもともと25分のエピソードとして計画されていましたが、調査を進めるうちにさらに興味深い情報が見つかりました。
  2. 戦後の障害を持つ兵士たち: 第3部の第1部では、戦後の障害を持つ兵士たちの話に焦点を当てています。1955年の映画「巨人と玩具」のシーンで、白衣を着た障害を持つ兵士がアコーディオンを演奏している様子が描かれています。
  3. 上野の靴磨き: 1990年代初頭まで、上野公園では靴磨きが行われていました。靴磨きは列を成しており、靴が汚れることによる需要があったとされています。しかし、この職業は東京ではほぼ消滅しています。
  4. 不忍池の競馬場: 不忍池周辺には、1884年から1889年まで競馬場がありました。この競馬場は、パリのロンシャン競馬場を模して作られ、1600mのクロスロードが特徴でした。
  5. 上野の商業施設: 上野駅周辺には、かつて多くの商業施設がありました。上野の松竹デパートは、2階に店舗、地下に映画館があり、昭和時代には主に成人向け映画やヤクザ映画が上映されていました。
  6. 上野の象徴的な建物: 上野には、松竹デパート、西武会館、京成じゅらくビルなど、昭和時代を象徴する建物が多く存在していました。これらの建物は、上野地区の歴史と文化を物語る重要なシンボルでした。
上野探訪
上野探訪

昭和の上野の風景を描き、当時の日常生活や歴史的建造物のエッセンスを捉えた画像を紹介します。

ケンさんは本当にナレーションや丁寧な説明は、ピカイチ!昔から変わらないイントネーションを感じながら、当時を思い出すことが、動画を通して楽しく上野を探訪することができます。

SP Thanks Ken.I (IJKOB)

シュレディンガー
シュレディンガー
itumo arigatou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights