鶯谷の隠された物語:温泉料亭からホテル街までの変遷

この動画のポイントを抜粋しました!

鶯谷の歴史風景と探訪を楽しみましょう。

🐶 今日はKENです。

🛳️ 今日は山の渡船では一番乗降客数が少ない。

🚉 駅鶯谷についてその歴史を深堀していきたいとおもいます。

🚶 串さにの乗降客数は1日2万4000人。

🏢 前後と言われています乗降客数1位の新宿駅78万人と比べたらいかに少ないかが分かるかと思います。接続する施設がない単独駅で歴周辺には一戸建てが多いことから利用者数がもともと少ないわけですね。

🏡 鶯谷という地名は台東区にはなく存在しない地名を冠している役でもあります。

🚆 ウブ子さんに駅は台東区根岸1丁目に位置しています。

🏞️ ホームに立つと西側には上の大地がそびえ徳川家の霊廟寛永寺が広がります。いわば死者を弔う空間なんですね、そして博物館や美術館など声質でアカデミックな空間も広がっています。

🌃 東側にはいきなりラブホテル街が広がります。夜になると市側は真っ暗になるのに対し、東側はホテルの電飾金に飛び込んできます。まさに聖なるものと俗なるものが穴道を境に向かい合っているという、とても不思議な空間を形成しています。

🚇 山手線の駅の中でも、これだけ聖と俗のコントラストがはっきりしているところは、他にはないと思います。

🏙️ 渋谷店を新宿にせよ、五反田にせよ、ホテル街は繁華街を過ぎたところにぴったりと、ストリートが広がるようなイメージです。うし座にがある根岸は命式から文人墨客が移り住む町であり田園が広がっていました。

👥 人目に付きにくいことから、商売で成功した防弾らが沼沢を持つ場所でもあり、そこから花柳界が発展した場所でもあります。歴史的に深堀すればするほど発見があり、実はとても魅力にあふれた街なのです。

🚄 けんさん曰く、ところで、私はこの鶯谷の駅の近くに2018年からいます。台東区民になってまだ日が浅い若輩者ですが、まずは鶯谷という名前の由来から説明します。

📜 1688年から1704年の元禄時代京都から来た、寛永寺の猛暑が江戸のウグイスの鳴き声を聞き、鈍っていると不満を持ちましました。そこで京都からウグイスを運ばせ、訪朝したのが杭下にの名の由来とのことです。

🐦 ウグイスはその鳴き声を後天的に習得するそうで、平安時代から美声のウグイスを放鳥して買っている鶯に鳴き声を学ばせる、ということが行われていたそうです。

🎭 この鶯谷には根岸の砂糖と呼ばれる地域で、ひぐらしの里、つまり日暮里と、とらりあう文人たちが声優した風雅な土地でした。有名な文化人には俳人の正岡子規、初夏の中村不折、落語家の林家三平が強化前きましました。中村不折は、がか挿絵画家であり、漱石をはじめとする多くの文豪作品の挿絵を変えてますし、新宿中村屋のロゴも敷設によるものです。

🌊 石神井川を源流とする音無川は、明治期までは清流であり、日暮里から根岸に入ってきてお経の末の手前で、ガクッと進路東北方面に変え、箕面へ向かいます。箕輪でさんやボルトつながります。

🏞️ 大正期に入り、人々がこの地に移り住むと、生活排水で溝川菓子昭和期には、暗渠となります。根岸に、借家住まいをしていた作家、さたい猫も、私の東京地図にも音無川道に沿って流れている、ドブ川にしか過ぎず、この辺りを正岡子規の人力車に乗って歩いたという、音無川もうそれと人の気づく不正はなくどぶ板の下を見えかくれに流れているばかりだったとあります。これは昭和初期の空系かと思われます。

🚉 当時は上野から先秋葉原や神田東京駅はありませんでした。

🚉 山手線は当時まだ感情ではなかったのです。

🚉 これは上の新橋館の土地買収が難航していた、あるいは天皇陛下がお住まいになる好気性面に鉄道を通すことに反対する人が多かったからだそうです。大正14年に最後区間歓談上の間がつながり、山手線の環状運転は開始となります。

🚉 明治45年に開業したのは、北口のみで、橋上駅舎の南口駅舎は、1927年昭和2年に造られました。

🚉 昭和23年に、写真家の木村いへぇが撮影した、鶯谷駅方木製のベンチに座る少女たちはもんぺ姿です。ホームの柱は古い鉄道レールがアーチ状に曲線を描く優雅なデザインです。

🚉 昭和期の鶯谷周辺エリアの写真を見ていきましょう。

🚉 こちらは消炎16年の下谷2丁目の交差点です現在の根岸1丁目交差点です。

🚉 奥に続く道路は言問通り拡張工事の前でまだ道幅は狭いです。

🚉 左手の黒曜寿命品は文具店の鍵屋現在もうぐいす通りを入ったところに位置して営業されています。右側の商店の裏に、今では廃校になった坂本小学校が見えます。

🚉 こちらは昭和43年ウグイ膝に駅した交差点から見た新坂橋陸橋です。

🚉 現在右手に見える不二家は、入りや小瀬店に移転してここにはラーメン屋があります。

🚉 この並び奥にグランドキャバレースター東京が見えます。さらにその奥には焼き鳥の看板も、これはさまやでしょう。

🚉 左て奥に見える華学園は、昭和21年創立の服飾調理の専門学校です。

🚉 届い通りからお経の松方面へつづく、うぐいす通り。昭和45年の写真です。

🚉 奥まったところが五差路の交差点になっていて、正面に老舗せんべい店チェコのせんべいが見えます。千葉市川市で創業して60年ほど前からここで営業されているようです。

🚉 左手の少し奥には、食パンを口で抜いて地中を注ぎ込んだグラパンで有名な喫茶店でんが、この写真の翌年昭和46年に開店します。

🚉 昭和40年の下谷2丁目交差点です。

🚉 手前を左右に走るのが、金杉通り拠点通りと呼ばれていました。

🚉 昭和通りを上野行き前まできた都電21系統は、現在の上野郵便局の前を通ってこの金杉ドールに入り、箕輪に至りました。

🚉 写真右奥へ伸びるのは言問通りで、浅草になります。ここが浅草寺までは徒歩20分程度です。

🚉 そして、この文具の鍵屋の隣に居酒屋の鍵屋がありました。鍵屋が3軒並んでいたわけですね。居酒屋の鍵屋は、江戸期の安政三年1856年に酒問屋として言問通りに創業し、昭和に入って店の一角で酒を飲ませるようになったことから、居酒屋となって、この場所で昭和49年まで影響してました。同年昭和49年大正元年築の日本家屋を改装した現在の店舗に移転しますことで、通りから一本入った場所で非常にわかりにくいところです。それだけの来店は(ひやかし)、お断りという、現在の常識では考えられないお店です。飲み物は、ビールと日本酒しかありません。お客は大抵日本酒を12本のみ、サッと帰えられます。予約も3名からしかできません。先日訪問したのですが、うなぎを串に巻きつけた倶利伽羅焼きは、とても美味しかったです。

🚉 掛谷が出てきたところで他の根岸の名店についてご紹介します。

🚉 根岸には大正時代末に開設された花柳界がありました。

🗻 鶯谷の高さと地理
– 初心視座に駅北口がある根岸1丁目は海抜5.9m。
– 西側の上野桜木は17メートル高く、日暮里まで行くと19メートルになる。

🏞️ 特異な高さの場所
– 西日暮里駅から左に向かう道灌山通りと田端駅から左に向かう道路の辺りに、日本意外の高さを実感できる場所がある。
– 初めて通る人はその高さに驚くだろう。

🚗 昭和通り首都高上野山の歴史
– 1号上野線は江戸橋ジャンクションで都心環状線の内回りと連結しており、交通量は少ない。
– イリア出口が終点であり、夕方には渋滞が発生することが多い。
– フィリア出入り口は1969年に開通し、現在は1車線になっている。
– 都電13系統は水天宮と新宿を結んでいたが、1970年に廃止された。
– 都電21系統は水天宮から三ノ輪橋を結んでいた。

🌆 昭和通りと鶯谷の歴史
– 昭和通りは関東大震災の復興事業として計画建設され、1928年に完成した。
– 鶯谷は山手線の中でも印象が薄いが、駅前は開発されておらず、昭和の街並みが楽しめる。
– 鶯谷の未来がどう変わるか楽しみである。

📜 歴史的な場所と人々
– 正岡子規が住んだ家が根岸2丁目にあり、近くには落語家林家三平も住んでいた。
– 林家正蔵のサインが蕎麦屋に飾られている。

📺 動画の要約
– 鶯谷の歴史と風景が紹介され、駅前の開発が進む可能性があることが語られています。

鶯谷
鶯谷

この動画は、「【鶯谷 なぜ駅前にホテル街が?】かつてあった都内最大級のグランドキャバレー/消えた東京随一の高級温泉料亭/上野と鶯谷を結んだ2つの踏切と、急斜配の下り坂/大徳那の妾宅/鶯谷の歴史、その決定版!」というタイトルの動画で、鶯谷駅周辺の歴史とその特徴について詳しく解説されています

鶯谷探訪
鶯谷探訪

昭和の東京・鶯谷駅周辺を描いたレトロなイラストです。山手線の旧駅舎、伝統的な日本家屋、徳川家の墓を思わせる建物、花街文化を感じさせる賑やかな人々、ネオンサインやレトロな看板が並ぶ昭和のラブホテル街など、プロンプトにあるようなディテールが見て取れます。温かみのある色調が、ノスタルジックで歴史的な雰囲気を引き立てています。

1. **鶯谷駅の特徴**: 鶯谷駅は、山手線の駅の中で最も利用者数が少ない駅の一つです。駅自体は単独で、接続施設がなく、周囲は一戸建ての家が多いため、利用者数が少ないのです。鶯谷という名前は、台東区に実際には存在しない場所から来ています。駅の近くには徳川家の墓所があり、美術館やギャラリーも点在しています。駅の東側はラブホテル街として知られ、聖なるものと俗なるものが対照的に存在しています。

2. **根岸の歴史**: 根岸は、文人や墨客に人気のある地域で、広大な田園が広がり、一般には見えない成功者たちが住んでいました。この地域では、花柳界が発展しました。

3. **鶯谷の名前の由来**: 鶯谷の名前は1688年にさかのぼります。京都の寛永寺の人が、江戸時代の厳しい暑さに不満を持ち、北朝鮮を訪れた際にウグイスを連れてきたことに由来しています。この地域は、美しい声を持つウグイスを放し、購入したウグイスにその鳴き声を学ばせる習慣がありました。この地域は、日暮里や蜩の里とも呼ばれ、文人たちが声優として活動していた風雅な土地でした。

4. **ホテル街の形成**: 鶯谷駅の南口から選出された信者たちが、ホテルが並ぶ斜面に広がっていきました。この地域はかつて上野桜木町として知られ、徳川家を火災から守るための避難所として使用されていました。また、アメリカの宿泊施設の人気を見て、他のビジネスに従事していた人々がパートタイムで流行の場所を開業することにしました。

5. **周辺の歴史的建造物**: 明治時代には、温泉地の名前を冠したレストランが並び、戦後の復興期には移民労働者や集団労働者のための宿泊施設に改装されました。東京オリンピックの改装後、客足が減少し、学校の遠足で生徒たちを迎え入れる宿として続けられました。

6. **鶯谷の将来**: 鶯谷は山手線の駅から徒歩5分の場所にあり、昭和時代を思わせる街並みが魅力です。しかし、将来的には最も開発の可能性が高い地域とされています。

いつもお世話になっております。貴重な鶯谷の歴史探訪を楽しくそして、わかりやすいKENさんのナレーションに、ひとときを忘れて楽しい旅ができます。

SP Thanks Ken.I (IJKOB mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights