上野アメ横の驚くべき歴史:無法地帯から商業の中心へ

上野アメ横の驚くべき歴史:無法地帯から商業の中心へ

【上野 アメ横】誕生秘話 拳銃武装の無法地帯だった頃、三越、高島屋がアメ横から舶来品を仕入れてた!上野シリーズ第2弾

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

日本の上野アメ横の歴史的な光景を、戦後の雰囲気と昭和レトロな雰囲気をセピア色で表現した画像を紹介しよう。

– 👋 こんにちは、今日は上野の過去の歴史について話します。
– 🚃 第2部はアメ横、上野広小路、松坂屋の歴史に焦点を当てます。
– 🛍️ 上野のアメ横商店街は古くから繁盛し、昭和時代から変わらず賑わっています。
– 🚄 上野の高架線は1915年に始まり、1925年に完成しました。
– 🌉 高架鉄道は物資輸送に適しており、アメ横の闇市が自然発生的に開かれました。
– 💰 闇市で在日朝鮮人が商売を始め、警察との衝突も発生しました。

【上野 アメ横】誕生秘話

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

– 🍜 近藤広吉氏が近藤マーケットを作り、アメ横が正常化に向かいました。
– 🌧️ アメ横の名前の由来には、「アメヤ横丁」と「アメリカ横丁」の2つの説があります。
– 🚢 引揚者たちは鉄道関係者で、鉄道奏曲の縁を頼って店を出しました。
– 🏙️ アメ横センタービルは昭和57年に完成し、アメ横の賑わいを支えています。

🏢 アメリカ横丁の成立
– チェンジというアメリカ人相手の配給所があり、払い下げ品を売る店が多くできた
– アメリカ横丁と呼ばれるようになった

🏢 和光の始まり
– 和光は服部時計店の成功の本店ビルとして始まり、服部時計店(SEIKO)の看板が掲げられている

🏢 舶来品の流入
– ハーシーズのチョコレート/ジッポやレイバンのサングラスからジーパン、石鹸、カミソリ、化粧品などがアメリカ横丁に流入
– これらの商品は舶来品と呼ばれた

🏢 税関の対応
– 税関がアメ横特別区に指定し、申告すれば取引ルートには目をつぶる取引を提案
– アメ横側もそれを受け入れた
– 税関は税関の印象貼る作業をアメ横の業者に委託

🏢 アメ横の成長
– アメ横は舶来品ロンダリングの場となり、有名デパートも舶来品をアメ横から供給
– アメ横は上野駅に近藤マーケットを中心とする存在となった

🏢 中田商店
– 中田商店は革ジャンや軍服、モデルガンなどのミリタリーショップの草分け
– 創業者の中田氏は戦後の混乱の中で旧日本軍の軍服の売買を開始

🏢 松崎商店
– 松崎商店は東上野に移転し、米軍からの払い下げ品を扱う
– 現在、米軍からの払い下げ品の販売を行っているのは東上野の松崎商店だけ

🏢 キムチ横丁
– キムチ横丁はアメ横から移転した韓国人・朝鮮人によって作られた

🏢 東京フィルハーモニー交響楽団
– 東京フィルハーモニー交響楽団は松坂屋の建設現場で結成され、日本で初めて地下鉄と直結した百貨店として知られるようになった

🏢 松坂屋の歴史
– 伊藤家のふじの文字を組織と団結を表す井桁と完全を意味する商標を使用
– 伊東屋創業は1611年で、創業者は織田信長の小姓であった伊藤蘭丸
– 伊東屋は1768年に江戸に進出し、上野の松坂屋を買収
– 明治時代にはアメリカのデパートに影響を受け、株式会社伊藤國塩を創立
– 松坂屋は関東大震災で被害が少なく、地下鉄と直結した日本初の百貨店となる
– 現在は南館が複合ビルに建て替えられ、東上野の松崎商店が唯一の米軍払い下げ品販売店として残る

ここでは、松坂屋の歴史を現代的な芸術的スタイルで描き、その重要な瞬間と現状を浮き彫りにしている。
ここでは、松坂屋の歴史を現代的な芸術的スタイルで描き、その重要な瞬間と現状を浮き彫りにしている。

🏢 赤札堂
– 赤札堂はスーパーマーケット部門が売上の70%を占める

🏢 屋上遊園
– 松坂屋上野店の屋上遊園は南館の取り壊しに伴い閉園

🏢 お子様ランチ
– 松坂屋上野店は「お子様ランチ」という名称を初めて発案

🏢 広小路周辺の商業施設
– 赤札堂と松坂屋を含む広小路周辺の商業施設が存在

🚆 部門が30%となっています
– 部門のシェアが30%に達した。

🎫 当時のキャッチコピーは三島切符で
– 当時の宣伝文句は「三島切符で」でした。

🚄 1頭のお買いもの同じ品物なら必ずやすい
– 同じ品物を1つ買うなら、必ず安くなります。

🎟 当時は列車る三島切符が赤色であったことから赤札堂というふうに名付けられました
– 赤い三島切符から「赤札堂」と名付けられました。

東京上野
東京上野 日本の象徴 現代風にアレンジして描いてみました

📅 19405年昭和20年上野に出展します
– 19405年昭和20年に上野で展示されました。

🍽 現在のアブ虻が回転というふうになります
– 現在、アブ虻は回転します。

🏢 ちなみにアブアブ赤札度を運営するのは上野を本拠地とする小泉グループです
– アブアブ赤札度を運営しているのは上野を拠点とする小泉グループです。

🦁 同グループはレストラン事業の東天紅富士サファリパークを運営する小泉アフリカライオンやはり頭を保有しています
– 同グループは東天紅富士サファリパークを運営するほか、アフリカライオンを所有しています。

🏯 東天紅は不忍池湖畔にそびえる巨大中国レストランで東証1部に上場しています
– 東天紅は不忍池湖畔にある巨大な中国レストランで、東京証券取引所の第1部に上場しています。

🏬 昭和36年1961年東京の上野不忍池後半に東天紅の大上店が開業しました
– 1961年、上野不忍池の近くに東天紅の大上店が開業しました。

🏢 2013年から2015年にかけて建て替えられました
– 2013年から2015年にかけて建て替えられました。

🏢 隣にある高層マンションは東京建物グループが手掛けるブリリアタワーは上野池肌です
– 隣にある高層マンションは、東京建物グループが手掛ける「ブリリアタワー」で、上野池の近くにあります。

🏢 2019年にこのマンションの完成し完成前に完売しています
– 2019年にこのマンションが完成し、完成前に完売しました。

🍞 昔の上のと聞いて永藤のたまごパンを思い出される方も多いのではないでしょうか
– 昔の上野を思い出すと、永藤のたまごパンを思い出す人も多いでしょう。

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

🏭 長渕ってすたろうが明治30年栃木県よ上京し上のでたばこ製造販売業を始めるも明治39年に専売局ができてたばこの製造販売をやめざるを得ませんでした
– 明治30年に栃木県から上京してたばこ製造販売業を始めた長渕ってすたろうは、明治39年に専売局ができたため、たばこの製造販売をやめなければなりませんでした。

🍞 大正元年12月パン屋を開業します薄利多売子供第一主義に徹し上の2件日本語執権現在の入りあたりに当たる坂本町に2軒の店舗を構えます中でも卵版が有名です
– 大正元年にパン屋を開業し、子供第一主義を徹底し、坂本町に2軒の店舗を持ちました。特に卵版が有名です。

🥚 一袋20個入っていて上野に来たら長藤のたまごパンを買って帰るという思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか
– 一袋に20個入っており、上野に来たら長藤のたまごパンを買って帰るという思い出を持っている方も多いでしょう。

🏢 平成13年に惜しまれつつ閉店した永藤分暗転
– 平成13年に惜しまれつつも閉店した永藤分店。

🏪 上野では松坂屋に比べられるほどの人気を誇り店内は常に賑わっていました
– 上野で非常に人気があり、松坂屋に匹敵する店で、常に賑わっていました。

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

東京・上野のアメヤ横丁のにぎやかな風景と人々を、レトロなセピア色で表現した画像を紹介。

もう、健さんのナレーションを聞きながら当時の上野をタイムスリップして、探訪しています。が、もう、どんどん引き込まれていきます。

素晴らしい 日本の歴史をこうも紐解いて、さらに追求している処が、、、昔ネットビジネスの塾で学んでいた当時と同じで、健さんはタイムスリップできるんですね(7期ビデオ笑)。これは、歴史に残る完全保存版で、これからの、未来の子どもたちにも日本の歴史を勉強するうえでも、とても参考になるし、学ぶところが日本の歴史のみならず、今の日本がどうして生まれていったのかがとても鮮明に描かれています。(私もツイツイdigitalのパワーをお借りしながら、Partnerといっしょに楽しんでいます)感謝

さて、、、私の推察や所感、考察なども交えながら、動画をまとめてみました。

この動画は、東京の上野に位置するアメ横(アメリカ横丁)の歴史について詳しく紹介しています。

かつて拳銃武装の無法地帯だったアメ横は、戦後の混乱期に黒市として発展しました。

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

動画では、三越や高島屋などの大手百貨店がアメ横から舶来品を仕入れていた歴史や、上野シリーズ第2弾としてのアメ横の変遷を探ります。

また、高倉健が立ち寄ったとされる角打ちや、旦過市場から船頭町、若松区の旧連歌町までのエリアが紹介されています。

この動画は、上野アメ横の歴史的背景と、昭和時代の商業と文化の変遷を詳細に語っています。

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

視聴回数に対する所感は、

この動画が22万4千回以上の視聴回数を記録していることは、上野アメ横の歴史に対する人々の深い関心を示していると言っても過言では無く、私自身も強く日本の歴史を紐解ける重要な動画でもあります。

特に、地元の歴史や文化に関する内容は、地元住民や歴史愛好家、さらには東京の近代化に興味を持つ人々にとって魅力的なトピックですね。

また、このような内容は教育的な価値も高く、歴史や社会学の学習にも役立つため、幅広い層からの関心を集めていると考えられます。

動画を参考にしながら、描いたプロンプトは次の通りです(C)
“上野アメ横の歴史的な風景を描いたアートワーク。画像には、戦後の無法地帯としてのアメ横の様子、拳銃武装の人々、そして三越や高島屋が舶来品を仕入れる様子が描かれている。背景には、昭和時代の上野の街並みと、現代の賑やかなショッピング地区の変貌が表現されている。画像全体には、昭和時代のレトロな雰囲気が漂い、色彩は当時の写真を思わせるセピア調で表現されている。”

いつも楽しく そして、未来を楽しむためにもぜひ、これからもよろしくお願いします。(深謝

IJKOB mm CHICAGO us. 

シュレディンガー
シュレディンガー
昭和時代のレトロな雰囲気が漂い、色彩は当時の写真を思わせるセピア調で

SP Thanks K.I

【上野 アメ横】誕生秘話
【上野 アメ横】誕生秘話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights