横須賀の追憶:昭和のどぶ板通りと横須賀中央駅前の歴史

横須賀の消えた風景】昭和のどぶ板通りの異国感がヤバい!!横須賀中央駅前に広がる懐かしい千日通りや若松マーケットの姿も紹介します!!

横須賀
横須賀

神奈川県横須賀市の歴史と風景について紹介しています。
横須賀は、黒船来航の舞台であり、戦後はアメリカ軍横須賀基地が設けられました。
日本とアメリカの文化が混じった特色ある街で、戦後日本ジャズの聖地であったEMクラブがあったり、スカジャン発祥の地でもあります。
どぶ板通りは日本なのに、もはや異国に来た感じを受けます。
横須賀中央駅前には、千日通りや若松マーケットといったさまざまな商店街が存在し、バラエティ豊富な魅力のある街です。

– 📜 今日はKENです

– 🌆 今回お届けするのは神奈川県横須賀市横塚

– 🏞️ 氏は神奈川県の南東部三浦半島に位置し3

– 🌊 報を海で囲まれる海洋都市です江戸時代に

– 🚢 幕末にはヘリーのプロ船が来校

– 🔩 明治初期には横須賀製鉄所が築かれた

– 👥 人口は約40万人冬でも気候は温暖で1年を通じて過ごしやすいのが魅力です

– ⏳ それではさっそく横須賀の歴史を振り返っていきましょう

– ⛵ 横須賀といえば黒船来航を思い浮かべる方も多いと思います

– 🇺🇸 幕末1853年アメリカ合衆国東インド艦隊司令長官ペリー提督はフィルムは大統領から対日交渉の全権を与えられ最新鋭の3席蒸気船サスケハナ号とミシシッピー5それに2隻の帆船振ります

– 🌅 横須賀は日本が近代社会への歩みを記す最初の家とだったのです

– ⚓ その後江戸幕府は諸外国から圧力を受け横浜などを開講しますがこれをきっかけに海軍力を増強させ日本を守る必要性を考えるようになります

– 🏗️ そして軍港を作り近代的な造船場建設していくことになります

– 🏭 写真は江戸幕府によって横ず日に開設された横須賀造船所です

– ⛰️ このてりー来航に怒りのある人物と関係があるのは愛宕山公園です

– 🌲 愛宕山公園は明治24年に開園した横須賀市内で一番古い公園です

– 🚂 横須賀の鉄道の歴史を振り返ってきます

– 🚆 横須賀市内を走る鉄道は京浜急行とJR横須賀線の二路線です

– 🚉 京急久里浜線の歴史は大正時代までにさかのぼります

– 🏙️ 京急久里浜線の駅名の通り横須賀市の中心街であり商業行政の出身地として機能しています

– 🏢 横須賀中央駅は駅名の通り横須賀市の中心街であり駅周辺は横須賀市はもとより三浦半島の商業行政の出身地として機能してい

– 🏨 さいか屋は明治5年に呉服屋として開業しました

🏢 閉店発表後、存続の声が多く集まり、再オープン

🌟 地元の人々に愛される場所として営業継続

🛒 どぶ板通りは横須賀中央駅近くの特色ある商店街

🏞 通りにはかつて溝川が流れ、現在は埋め立て

🏢 北側にアメリカ海軍の横須賀基地があり、異国の雰囲気

📸 第二次世界大戦後、活気ある通りで商売繁盛

🧥 スカジャン(横須賀ジャンパー)の発祥地としても知られる

📷 1940年に創業した老舗の交渉紹介

🌆 1960年代のどぶ板通りは賑やかで看板が多い

🚓 治安の問題も存在し、事件が発生したり、米軍関係者がパトロール

📜 横須賀の歴史を振り返り、次回の動画で深堀り予定

👍 高評価やチャンネル登録をお願いします(応援ポチぃ

🙏 最後までご覧いただき、ありがとうございました

横須賀
横須賀

まいど、健さんの動画の内容を私なりに解説してみますね。

こちらの動画は、昭和のどぶ板通りの異国感がヤバい!!横須賀中央駅前に広がる懐かしい千日通りや若松マーケットの姿も紹介します!!」というタイトルで、神奈川県横須賀市の歴史とその変遷について詳しく解説しています。

大体の感想を含み、動画の内容は以下の通りにわかりやすい表現でナレーションされています

横須賀
横須賀

横須賀市:歴史と文化の融合

横須賀市は、日本の開国の歴史を色濃く残す地であり、特に黒船来航の舞台として知られています。

この街は、戦後にアメリカ軍基地が設置され、日米の文化が融合したユニークな雰囲気を持っています。

昭和時代、横須賀は日本ジャズの聖地としても名を馳せ、EMクラブなどの音楽の聖地が存在しました。

また、スカジャン(スカジャンパー)の発祥地としても知られています。

横須賀中央駅周辺は、その歴史的背景を反映した多様な商店街で知られています。

特に千日通りや若松マーケットは、昔ながらの雰囲気を残しつつ、多彩な店舗が軒を連ねる魅力的なエリアです。

どぶ板通りは、その名の通り、昔の日本の風情と異国情緒が混在するユニークな通りで、訪れる人々にはまるで異国に来たかのような感覚を与えます。

横須賀市は、その歴史的な背景と独特の文化が融合した、訪れる価値のある魅力的な都市です。

戦後の日本の変遷を感じさせるこの街は、歴史愛好家や文化に興味のある人々にとって、特に興味深い場所と言えるでしょう。

横須賀
横須賀

横須賀市の歴史: について

横須賀市は三浦半島に位置し、海に囲まれた地域です。

江戸時代には浦賀奉行所が設置され、明治時代には横須賀製鉄所が建設されました。

横須賀は現代日本の発祥地として知られ、約40万人の人口を擁しています。

ペリー来航と横須賀の開発:について

江戸時代末期の1853年、ペリー提督と黒船が来航し、現在の横須賀沖で交渉が行われました。

これにより、横須賀は学校を開設し、軍港と近代造船所を建設することで日本の防衛に貢献しました。

横須賀中央駅とその周辺:について

横須賀中央駅は京急久里浜線の駅で、大正時代には湘南電気鉄道株式会社によって運営されていました。

駅周辺は商業の中心地として発展し、多くの商店街が存在していました。

横須賀の商店街:について

横須賀中央駅前には、昭和時代のどぶ板通りや千日通り、若松マーケットなどが広がっていました。

これらの商店街は、戦後の黒市から発展し、横須賀の特色ある文化を形成していました。

まいど、とても親しみやすく丁寧に説明されていて、私は土地にいるわけでもないのに、まるで、地域の住民みたいに楽しく拝見しながら、歴史を垣間見ることが出来ました。

横須賀市の歴史的背景と、昭和時代の商店街の活気ある風景を振り返りながら、その変遷を詳細に語っています。

いつも本当にありがとうございます。

次回も楽しみにしています。

Special Thanks K.I (IJKOB mmより)

シュレディンガー
シュレディンガー
yokosuka
yokosuka
yokosuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Verified by MonsterInsights